平成29年度 事 業 報 告 (平成29年4月1日~平成30年3月31日)

(1)全国公募を基盤としての「二科美術展覧会」の開催による美術振興の寄与
1.第102回二科美術展覧会
①会 場:国立新美術館
②会 期:平成29年9月6日より9月18日まで
③展示点数
  絵  画 1,256点
  彫  刻  135点
  デザイン  513点
  写  真 1,347点
  展示総点数 3,251点
④入場者数 91,500名
⑤第102回二科展 被災地生徒作品特別展示
 「大作への挑戦−熊本・ふるさとの復興、そして発展を−」を展示した。
2.2017 春季二科展
①会 場:東京都美術館
②会 期:平成29年4月18日~4月24日
③展示点数:221点

(2)美術創作に関する顕彰と助成
1. 二科美術展覧会会員出品作品中の優秀作品に対し、
  内閣総理大臣賞(絵1)
  文部科学大臣賞(彫1)
  として、それぞれの大臣宛に推薦した。
2. 二科美術展覧会会員出品作品中の優秀作品に対し、
  東京都知事賞(絵1)
  を東京都知事宛てに推薦した。
3. 二科美術展覧会出品作品中の優秀作品に対し、
  二科賞(絵1、彫1)
  パリ賞(絵1)
  ローマ賞(彫1)
  会員賞(絵5、彫2)
  会友賞(絵16、彫2)
  上野の森美術館奨励賞(絵1)
  彫刻の森美術館奨励賞(彫1)
  特選(絵 19 、彫3)
  二科新人賞(絵 1)
  新人奨励賞(絵2、彫1)
  の各賞を与え、顕彰した。
4.春季二科展の選抜出品者のうち、優秀作品に春季二科賞(絵1)、春季賞(絵2)を与えて顕彰した。

(3)出品者中の優秀作品に対するパリ賞・ローマ賞の授与による海外研修の奨励。
上記3の入賞者のうち、パリ賞(絵1)、ローマ賞(彫1)の受賞者を、海外に派遣し研修を助成した。

(4)美術上の国際交流と内外美術の研究、調査を目的とする交歓展の実施。
   平成29年度は実施せず。

(5)第102回二科美術展覧会巡回展
東 海 展 平成29年10月3日〜10月9日
富 山 展 平成29年10月18日〜10月22日
京 都 展 平成29年10月24日〜10月29日
大 阪 展 平成29年10月31日〜11月12日
広 島 展 平成30年1月9日〜1月14日
鹿 児 島 展 平成30年3月10日〜3月18日 
福 岡 展 平成30年3月20日~3月25日

(6)全国都道府県においのて当会の会員・会友による美術家の育成と指導。
任意団体である支部の美術家の育成と指導のため広島展・福岡展に理事を派遣し
美術振興をはかった。

(7)機関誌及び美術に関する出版物の刊行。
1 第102回二科美術展覧会出品目録(附二科会会員会友名簿、入選者名簿 )
  受賞者名簿 並びに会員・会友・入選者の合本作品集、第102回二科展コラボ展示作品目録を刊行した。
2 2017春季二科展作品集を刊行した。
3 機関誌「二科」を2回発行した。

(8)その目的を達成するために必要な事業。
1. 二科東北支部連合展を「せんだいメディアテーク」(2017年6月2日〜6月7日)にて美術創作の奨励を図るため、
  共催した。
2. 第102回二科展授賞式を国立新美術館において開催した。
3. 第102回二科展祝賀式典をザ・リッツ・カールトン東京で開催した。
4. 帝国ホテル二科サロンにて二科展受賞者小品展を開催した。

▲ Page Top


 平成30年度 事 業 計 画 (平成30年4月1日~平成31年3月31日)

(1)全国公募を基盤としての「二科美術展覧会」の開催による美術振興の寄与
1. 第103回二科美術展覧会
 ①会   場:国立新美術館
 ②会   期:平成30年9月5日〜9月17日
 ③展 示 点 数:約4,500 点
 ④コラボ展示:四部会員有志による同一テーマ特別展示。
 ⑤チャリティー小品展を行う。
2. 2018春季二科展
①会  場:東京都美術館
②会  期:平成30年4月17日〜4月24日
③展示点数:約245点

(2)出品作品中の優秀作品への顕彰により、美術創作に関する助成及び顕彰。
1. 二科美術展覧会出品者中の優秀作品に対し、内閣総理大臣賞・文部科学 大臣賞として、それぞれの大臣宛に推薦する。
2. 二科美術展覧会出品作品中の優秀作品に対し、東京都知事賞を東京都知事宛に推薦する。
3. 二科美術展覧会出品作品中の優秀作品に対し、二科賞、パリ賞、ローマ賞、損保ジャパン日本興亜美術財団賞、会員賞、
  会友賞、上野の森美術館奨励賞、彫刻の森美術館奨励賞、特選、二科新人賞、新人奨励賞の各賞を与えて顕彰する。
4. 春季二科展の選抜出品者のうち、優秀作品に春季二科賞、春季賞を与えて顕彰する。

(3)出品者中の優秀作品に対するパリ賞・ローマ賞の授与による海外研修の奨励。
上記3の受賞者のうち、パリ賞、ローマ賞の受賞者を海外に派遣し、研修の助成を図る。

(4)美術上の国際交流と内外美術の研究、調査を目的とする交歓展の実施。
本年度は実施計画なし。

(5)二科美術展覧会終了後、地方都市において巡回展を行うことによる全国の芸術活動の推進。
第103回二科美術展覧会巡回展
①京 都 展 平成30年10月2日〜10月7日 京都市美術館 別館
②大 阪 展 平成30年10月30日〜11月11日 大阪市立美術館
③広 島 展 平成31年1月15日〜1月20日 広島県立美術館県民ギャラリー
④鹿 児 島 展 平成31年3月10日〜3月17日 鹿児島県歴史資料センター黎明館 
⑤福 岡 展 平成31年3月19日〜3月24日 福岡県立美術館

(6)全国都道府県においのて当会の会員・会友による美術家の育成と指導。
任意団体である各都道府県支部の美術家の育成と指導活動への協力。

(7)機関誌及び美術に関する出版物の刊行。
1. 第103回二科美術展覧会出品目録(附二科会会員会友名簿、入選者名簿) 受賞者名簿、並びに会員・会友・入選者の
  合本作品集、第103回二科展コラボ展示作品目録を刊行する。
2. 2018 春季二科展作品集を刊行する。
3. 機関誌「二科」を2回発行する。

(8)その目的を達成するために必要な事業。
1. 第18回二科北海道支部展への支援として理事派遣及び賛助出品を行う。
2. 第4回二科東北支部連合展を「せんだいメディアテーク」(2018年6月22日~6月26日) 美術創作の奨励を図るため、
  共催する。
3. 第103回二科展授賞式を国立新美術館において開催する。
4. 第103回二科展懇親会をザ・リッツ・カールトン東京で開催する。
5. 帝国ホテル二科サロンにて二科展受賞者小品展を開催する。